あのうなぎパイがスイーツに!かわいくて美味しい『うなぎパイファクトリー』

浜松のおみやげの定番、うなぎパイ。みなさん一度は食べたことがあるのではないでしょうか。そのうなぎパイがスイーツになって、2015年に東京の表参道で販売されていたことはご存知ですか?期間限定ショップでしたが、大人気でとっても話題になっていたのです!その限定スイーツが、浜松にあるうなぎパイカフェで食べられると知り、現地へ行ってさらにびっくり。そこは工場見学もできる、とってもかわいい『うなぎパイファクトリー』でした!

目次

かわいいがたくさん、うなぎパイファクトリー

うなぎパイファクトリー到着後に見える景色

まるでテーマパーク?な、かわいい外観

今回訪れたうなぎパイファクトリーは、浜松にある静岡県最大級の工業団地の中にありました。まっすぐ綺麗に整備された、いろいろな企業の施設の間を車で進んでいくと、突如として、かわいい建物が見えてきました。そう、うなぎパイファクトリーです!

到着後にまず目に入るのが上の写真。巨大なうなぎパイが赤いトラックに積まれています。一目でうなぎパイファクトリーだとわかりますね。おまけにとってもかわいい!ワクワクが止まりません。思わず写真をパシャリ。

さて、中に入ろうと思い進んでいくと、またまたかわいい外観です。

某テーマパークを彷彿とさせる外観に驚きつつ、標識通りに進みます…

角を曲がると、現れたのは木のトンネルです。もしかして、やっぱりここは、テーマパークだったんでしょうか…?そう思いながらトンネルを抜けます。

ででん。大きく「うなぎパイ」!やはりここはうなぎパイファクトリーで合っていたようです。(疑いたくなるほどかわいいのです)

外観へのこだわりを強く感じるうなぎパイファクトリー。ファクトリー前のこのスペースには、ベンチがあったり、「うなくん号」と呼ばれる移動カフェがあったりと、おもてなし度が満載なので、あたたかい日はここでのんびりお茶もできそうです。スイーツや工場内も俄然、楽しみになりますね。

うなぎを発見!ファクトリー内部に潜入

さて、うなぎパイファクトリーの中へやってきました。コンシェルジュの方がついてくれる工場見学ツアーは、予約が必要だそうですが、個人の自由見学であれば予約なしでも見れちゃいます。

工場内部は、うなぎパイが作られる工程を見ることができたり、シアターがあったり、クイズコーナーがあったり…あのうなぎパイに関する情報がたくさん!

お土産にうなぎパイミニももらえるし(館内は飲食禁止なので、先ほどのかわいいエリアで召し上がりましょう♡)、どんどんうなぎパイに詳しくなれます。しかし!インスタ女子な皆さんに特にご紹介しておきたいものがあります。それがこちら。

かわいい!

階段や柵の手すりなど、いたるところにうなぎがいるのです!!高級感の漂うファクトリー内に現れるうなぎ…内装にもこだわりを感じます。ぜひ、写真に納めてみてくださいね。

ご存知でしたか?三種のうなぎパイ

ファクトリー内に展示してある巨大なうなぎパイたち

ここで一つ、うなぎパイに詳しくなってしまいましょう。うなぎパイといえば、上の写真(光ってしまっていますが…)の真ん中を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。でも実は、うなぎパイは3種類あるんです。

左から、ナッツ入りうなぎパイ、通常のうなぎパイ、うなぎパイV.S.O.P。うなぎパイには「夜のお菓子」というキャッチコピーがありますが、一番右のうなぎパイV.S.O.Pは高級ブランデー入りで、「真夜中のお菓子」との文字が…う〜ん、おしゃれ!

魅惑のうなぎパイスイーツをご堪能!

うなぎパイでデコレーションされた、カフェ内を照らす照明

さて、ファクトリー内で遊び、うなぎパイに詳しくなり、ついにカフェへやってきました!

ソファに座ってホッと一息、天井に目を向けるとうなぎパイで飾られた照明が目に入ります。こんなところにまで!遊び心が満載です。

メニューも、ポップで高級感があってかわいいですね。それでは早速、スイーツを注文してみましょう!今回は3つのスイーツをいただきました。

うなぎパイV.S.O.Pの紅茶パフェ 単品950円(税抜)

まずは定番メニューから、うなぎパイV.S.O.Pの紅茶パフェです。先ほど出てきた「真夜中のお菓子」、うなぎパイV.S.O.P。早速、食べることができました。

たくさんのフルーツと生クリームに、紅茶のジェラート、そしてそこにうなぎパイが存在を主張しています。食べ進めていくと、紅茶のジュレが出てきて、これも絶品!生クリームやジェラートと一緒に食べるうなぎパイは予想以上にマッチしていて、さらにフルーツや紅茶ジュレがたくさん入っているので、最後の一口までさっぱりと美味しく食べられます。

お次は一番人気の期間限定メニュー、うなぎパイのミルフィーユ仕立て~モンブラン~です。自家製ジェラートがうなぎパイミニに挟まれていて、その下にはモンブラン。栗も添えてあります。季節を感じるメニューで、食べやすいサイズ感もいいですね!

うなぎパイにジェラートをつけて食べます。

こちらも組み合わせが最高。うなぎパイのカリカリ、サクサク感も、食べ心地のよさをさらに感じさせてくれます。

こちらの期間限定メニューは、12月9日からイチゴとうなぎパイのスイーツになるそうです。次の限定メニューも楽しみですね!

4種のうなぎパイ&メルティングショコラセット 単品1,834円(税抜)

最後はこちら!表参道の期間限定ショップでも大人気だった、4種のうなぎパイ&メルティングショコラセットです。

フルーツやうなぎパイ、ババロアなどの上にドーム状のチョコレートが被されています。そしてそこに、店員さんが温かいチョコレートソースをかけてくれるのです。

ドーム状のチョコレートが、温かいチョコレートソースによって溶かされて、うなぎパイやフルーツたちにかかっていきます。この様子を見ているだけでも、テンションが上がります!インスタ女子の皆さんは、ぜひともバッチリ写真に納めてくださいね。

そしてこのメニューにはもう一つ、ポイントがあるのです。なんとうなぎパイ、ナッツ入りうなぎパイ、うなぎパイV.S.O.Pが付いているので、赤いカップの中に入っているチョコレートにつけて、チョコレートフォンデュとして食べることができるのです!贅沢…!

言わずもがな、チョコレートとうなぎパイの相性もバッチリで、目も舌も大満足のスイーツでした。

うなぎパイカフェには、今回紹介できなかったメニューもたくさんあるので、ぜひ一度HPなどでチェックしてみてくださいね。食べてみたくなること、間違いなしです!

かわいさと美味しさ、どっちもまとめて堪能できるうなぎパイファクトリー

うなぎパイファクトリー前の看板。前の立つとより巨大さがわかります。

かわいくて美味しいうなぎパイファクトリー&カフェ、いかがだったでしょうか?車での移動にはなりますが、浜松にきたらぜひ遊びにきて欲しい、おすすめスポットです。

現在はコロナの影響で、営業時間の短縮、臨時休業日の設置などを行っているそうなので、訪れる際は事前にHPを要チェックです!(取材時、2020年12月)

基本情報

施設名うなぎパイファクトリー
住所〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町748-51
営業時間10:00~17:30 (うなぎパイカフェオーダーストップ17:00) ※12月31日は30分前
定休日不定休
駐車場あり
電話番号053-482-1765
公式HPhttps://www.unagipai-factory.jp
公式Instagramhttps://www.instagram.com/shunkado_official/
公式Twitterhttps://twitter.com/shunkado_unakun
料金無料

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる