食べログ百名店に選ばれた浜松餃子!行列必須の『喜慕里 (きぼり)』

スズキ歴史館の近くにある浜松餃子専門店の『喜慕里 (きぼり)』は、メディアなどでもたびたび取り上げられ、クルマでないと行きにくい場所にあるものの、常に行列ができるほどの人気餃子店。私も遠方から来た友人を連れて、何度か訪問したことがある浜松餃子の名店をご紹介します!

目次

迷いやすい『喜慕里 (きぼり)』の駐車場

『喜慕里 (きぼり)』初心者が一番最初に迷うのは、駐車場。お店は、道路に面しており、駐車スペースは1台もありません。また車の流れが激しいので、路駐は危険です。浜松いわた信用金庫がある広い通りから、『喜慕里 (きぼり)』正面の右側を80m進むと『喜慕里 (きぼり)』の駐車場があります。夜間は、暗くてわかりにくいので、注意が必要です。

『喜慕里 (きぼり)』の店内

お店に入るとすぐにアルコール消毒があるので、手を消毒してから入店しましょう。

店内はレトロなカウンター形式。奥に2組ほど、座敷席がありますが、ほとんどがカウンター席、かつ土日祝日ともなれば行列は必須で、ゆっくり会話をしながら楽しむお店というよりかは、浜松餃子目当てが◎。

取材日は平日でしたが、16時半のオープンから続々とお客様が来店していました。

また店内では、大量の餃子を常に焼いているため、少し油のにおいが服につく場合もあるので、焼き肉屋へ行くのと同じように、においがついても大丈夫な服装がオススメです。

『喜慕里 (きぼり)』の安くて美味しい浜松餃子

定番ぎょうざ

ぎょうざ(小)10コ 520円

一番人気の[ぎょうざ(小)10コ 520円(税込み)]。焼けた面の皮が、パリっとしていて、甘くてホロホロほどけるやわらかい餡が特徴の喜慕里のぎょうざ。ほぼワンコインで楽しめるぎょうざは、お財布の味方!そしておいしい。でもお店の方いわく、一人その2倍の20個くらいは、食べれるそうです。

エビぎょうざ

エビぎょうざ8コ600円

続いて、海鮮シリーズの[エビ入り8コ600円(税込み)]。エビの他に、イカ・カニがある中で、エビが海鮮の中では、一番人気だとか。エビぎょうざの中には、通常の餡の中に、小さいむきエビが入っていて、ほんのりエビ香るぎょうざです。

並べてみるとわかりますが、左が普通のぎょうざで、右がエビぎょうざ。エビの方が、やや大きめです。この日は、全部で18コを完食。個人的には、ちょっと多いかなと思いましたが、ライスを注文していないので◎!

テーブルには、ぎょうざのタレ、ラー油、塩コショウ、おろしニンニクがセットされています。このラー油が市販のラー油よりも、かなり辛いので、入れすぎは要注意です!味見しながら調整してください。

ぎょうざ小定食

こちらは[小定食ぎょうざ10コ760円(税込み)]。ぎょうざ10コに味噌汁とライス、漬物がついてきます。

みそラーメン

みそラーメン540円(税込み)。浜松の餃子専門店さんでは、さりげなくラーメンメニューがあるお店も数店舗ある。一杯540円という安さですが、侮れません。普通においしいので、私はお腹がめちゃくちゃ減っている時は、ぎょうざ(小)と、このみそラーメンをセットにして頼みます。ぎょうざを楽しむもよし、ぎょうざラーメンセットにしても楽しめます!

※動画は、2020年1月のもの。お店の許可をとって撮影しています。

『喜慕里 (きぼり)』メニュー

またお持ち帰りもできます。

『喜慕里 (きぼり)』のおみやげ(テイクアウト)メニュー

おみやげには、お店で焼いてくれる焼きぎょうざと冷凍ぎょうざもあります。

こちらが持ち帰りぎょうざ2人前。お店の名前が書かれた紙に包んで、タレとラー油をつけてくれます。

お店で焼きたてを食べるのが一番おいしいけれど、家でゆっくり食べる餃子もおいしいです。テイクアウトも店内で待つので、待ちたくない人は、事前の電話予約がオススメです。

何回来てもおいしい『喜慕里 (きぼり)』

他にもおいしい浜松餃子のお店はありますが、なぜかリピートしてしまう『喜慕里 (きぼり)』。安くて、おいしいぎょうざを堪能できる『喜慕里 (きぼり)』に行ってみてはいかがでしょうか?

基本情報

店舗名喜慕里 (きぼり)
住所静岡県浜松市南区増楽町563-3
営業時間11:30~14:30
16:30~21:00
定休日木曜、第3水曜、不定休
駐車場お店から80m先、専用駐車場に8台程度 ※砂利
電話番号053-447-5737
参考HPhttps://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22002540/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる