明治5年創業 村松製油所の油を使ったごはん『古民家キッチン ゑふすたいる』

静岡県浜松市西区湖東町にある村松製油所は、1872年創業の100年以上続く老舗あぶら屋。その村松製油所の母屋を改装した店舗で自家製ローストビーフとポテトの店をはじめた『古民家キッチン ゑふすたいる』をご紹介します。

目次

『古民家キッチン ゑふすたいる』で使用している村松製油所の油

創業明治5年の「村松製油所」(屋号カネタ)では、ごま油、菜種油の製造販売をしている浜松に現存する唯一の製油所です。

『古民家キッチン ゑふすたいる』では、浜松名産品である良質なカネタの油と地元浜松の名産品を使って、ヘルシーなカフェごはんを提供しています。

「村松製油所」のすぐ横には、伊佐地川が流れ、近くに航空自衛隊もあるため、タイミングがよければ上空にブルーインパルスを見ることもできます。

村松製油所の工場

『古民家キッチン ゑふすたいる』は、そんな「村松製油所」のすぐ横にあります。

「村松製油所」の創業家の母屋を改装した日本家屋です。左が『古民家キッチン ゑふすたいる』で、右が「村松製油所」の直売所です。

「村松製油所」(屋号カネタ)の直売所では、カネタあぶらが全種類揃っています。

『古民家キッチン ゑふすたいる』の藤田さん曰く、カネタ油は、普通の油の油っぽさがなく、「油」独特のクセや、重さがないそうです。揚げ物や料理に使ってもさっぱりしていて、何にでも合う油とのこと。

また直売所では、日本唯一の小麦胚芽油を購入することができます。「リノール酸」や「ビタミンE」が多く含まれた小麦胚芽油は、健康によく、パッケージも化粧品のボトルみたいにかわいいので、プレゼントにも最適です。

ギフト用ラッピング

ギフト用にはこんなラッピングもあります。

近い将来、直売所の中にオイルバーを整え、量り売りサービスもはじまるそうです。カネタ油以外の色んな油を取り扱う予定とのことで、とっても楽しみですね!

『古民家キッチン ゑふすたいる』のメニュー

『古民家キッチン ゑふすたいる』は、浜松市中区のワイン&ジャパニーズグリル「フジタ」のオーナーシェフ藤田隼介さんが運営し、三ケ日牛や浜名湖竜神豚のロースト、自家製のフライドポテトやスイーツを提供しています。

お店でいただいたのは、浜名湖竜神豚ローストポークワンプレートランチ。「奥浜名湖竜神豚」が使用され、お肉は肩ロースか、ロースから選ぶことができます。徹底した温度管理と時間による真空低温調理でじっくりと3時間かけて製造されたお肉はやわらかく、マスタードソースやヨーグルトソースをつけると、よりさっぱり食べれます。

またパンはデニッシュ食パンか、じゃがいもパンから選ぶことができます。浜松市の人気パン屋「やま市パン商店」特製で、ローストビーフやローストポークに合うようにつくられています。

またカネタ油を数種類ブレンドした特製油で揚げたフライドポテトは、カリカリしているけれど油っぽくなく、パクパク食べれます。

自家製さつまいものフライドポテトは、はちみつサワークリームかマスカルポーネチョコのディップが選べてデザート感覚です。

スイーツ類で特に人気なのは、プリン!わざわざプリンを求めて来店する方も多く、売り切れてしまうこともしばしば。とってもクリーミーでリピ買い確定のプリンです。

売り切れ必須の人気商品

そしてテイクアウトも大人気です。

テイクアウトは、お店メニューの200円引きです。※単品、ポテト、トッピング除く。

お肉がたっぷり入ったローストビーフ丼は、かわいい容器でインスタ映え間違いなし。ごはんとトッピングが別々になっているのもうれしいですね。

新商品の特製黒唐揚げ

そしてこちらは新商品の「ごまミール」を使った特製黒唐揚げ。「ごまミール」とは、村松製油所で「ごま油」をつくる工程で、ごまから脂肪分を分離するときにできるもので、特製黒唐揚げでは、この「ごまミール」を衣に使っています。ごまミールは、サクッとした食感にほんのりゴマ風味がして、とってもおいしいです。村松製油所のラー油とマヨネーズを合わせたマヨソースをつけるとさらにおいしさが増します。

冷めてもおいしく、お酒のおつまみにもいいので、ぜひ、テイクアウトしてもらいたい一品です。

油は癖がなくて、本当においしかったので、ごま油と辣油を買いました。これを使って浜松餃子を食べるのが楽しみですね!

[番外編]『古民家キッチン ゑふすたいる』オープンのきっかけ

(左)『古民家キッチン ゑふすたいる』の藤田 準介さん、(右)株式会社村松製油所 代表取締役 木下 伸弥さん

2021年6月に創業家から継承し、代表取締役になった木下さん。元々は浜松市内の大手製造メーカーの社員から、ご縁あって、村松製油所を引き継ぐことに。

木下さんは当時から、「いつかは古民家カフェをやってみたい。」と思っていましたが、それはまだ将来的な構想でした。しかしコロナ禍で油の売り上げが落ちこみ「何か打開策を仕掛けなきゃいけない」と考えた結果、計画よりも前倒しで実現することになり、誕生したのが『古民家キッチン ゑふすたいる』です。そのまま油を食べる健康油はあるものの、油の多くは、料理に使って、はじめて、油の良さがわかる商品。そこで、『古民家キッチン ゑふすたいる』では、まだ知られていない油の使い方のバリエーションや、新しい挑戦をどんどんしてみたいと語る木下さん。

村松製油所ではじめて、古民家カフェの提案をしたときは、自分ではじめるつもりが、自分だけでは難しいと考え、色んな方々の協力を得て、友人であり、飲食店をすでに経営している藤田さんへカフェをお願いすることに。藤田さん自身も、お店が繁華街にあるため、コロナ禍で相次ぐ自粛要請でお酒も提供できない中、「何か新しいことをしなければいけない」と考えていた時だったため、最初は月1回のサポートが徐々に回数が増え、最終的に木下さんの意思を引き継ぎ『古民家キッチン ゑふすたいる』を運営することになりました。

お二人の間では、インタビュー中も『古民家キッチン ゑふすたいる』で新しく提供したいメニューや、イベントの企画構想など、次々とあふれ出てきて、今後の展開がとっても楽しみです。

お店前のトゥクトゥクは、木下社長の遊び心。(借りモノ。取材時の期間限定)

『古民家キッチン ゑふすたいる』の基本情報

店舗名古民家キッチン ゑふすたいる
住所静岡家浜松市西区湖東町4176 (株)村松製油所敷地内
営業時間ランチタイム
11:00~14:30(L.O.14:30)
カフェタイム
14:30~17:00(L.O.16:30)
※カフェタイムは、メニューが変わります。
定休日月曜日
駐車場15台程度(無料)
電話番号070-1425-2552
テイクアウトテイクアウトはお電話にてご予約承ります。 
[受付時間]
当日のご予約  10:00〜14:30まで 
前日までのご予約 10:00〜17:00
[受取時間]11:00〜17:00
公式HPhttp://kominka-f.com/
公式Instagramhttps://www.instagram.com/kominka_kitchen_efu/
村松製油所HPhttps://itp.ne.jp/info/226145956200000899/
村松製油所EChttps://kaneta1872.jp/
村松製油所Instagramhttps://www.instagram.com/kaneta1872/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる