『浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン』で浜名湖を眺めながらゆったりSTAY

浜名湖の丘の上にたつ小さなお城『浜名湖キャトルセゾン オーベルジュ』。モダンに改装された館内は、インスタ映えする可愛いインテリアがいっぱい。非日常感が味わえる1室だけのスイートルームをご紹介します。

目次

『浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン』のかわいいエントランス

『浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン』は、建物の目の前にある駐車場を降りて少し裏にみえてくるのがエントランス。エントランスにはいるとかわいいピンクの世界観が広がります。

壁は一面ピンク色で覆われ、重厚感あるインテリアが並ぶ。

特に目の前のシャンデリアは、ラグジュアリーで、まわりの景観からは想像できないほど、突然異国の小さなお城へ踏み入れた気分です。ワクワクが止まりません。

受付を簡単に済ませると、部屋がある2階へ上ります。

『浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン』の開放感あふれるスイートルーム

宿泊できる部屋は、全部で4部屋のみ!スイートルームが1部屋、ツインルームが3部屋。1部屋あたり2名がスタンダードですが、1名でも宿泊できるし、3名の場合は、エキストラベッドを用意してくれます。全室から浜名湖が一望でき、全体的に開放的なつくりになっています。

部屋からみえる浜名湖の絶景。チェックインして、早々に、この景色と一緒にシャンパンでも飲みたくなってしまう。個人的には夜遅くなってからのチェックインではなく、陽が落ちる前のチェックインが、夕暮れ時の景色も楽しめてオススメです!

そして寝室やバスタブ、シャワールームからもこの景色を眺めることができます。開放的な空間に、日常を忘れてしまいますね。

ベットのサイズも大きく、2人でもゆったり使えます。部屋はニューヨーク・アールデコを意識したデザインだとか。

部屋とバスルームの間は解放されていますが、もちろん締めて使うことも可能。これならバスタブにつかりながら、寝室にいる人とも会話ができて楽しいですね!

洗面台2が個あるのも、2人同時に使うことができるので嬉しい設計。バスタブもジャグジー付きなので、浜名湖を眺めながらジャグジーでゆったりするのもいいかも!?

トイレは、寝室やバスルームともつながっておらず、独立した部屋。もちろんシャワートイレで、ミニ手洗いがついています。

左が女性用、右が男性用のアメニティボックス

アメニティグッズも一通りは、揃っているため、旅グッズは、メイク道具のみでも大丈夫。化粧水はPOLAのRed B.Aシリーズ。部屋にはパジャマとバスローブも用意されています。

『浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン』のメインは旬の素材を活かしたディナー

オーベルジュと言ったら、メインのお楽しみはディナーですよね!

『浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン』の食後の楽しみCafe & Bar浜名湖テラス

地下にはCafe & Bar 浜名湖テラスがあります。11:00-17:00のCAFEタイムは、カフェの他、軽食も提供されています。夜の18:00~23:00(L.O)は、BAR タイム。ルームサービスをとることもできますが、せっかくなので、このBARで、ビリヤードやダーツをしながら、食後の一杯を楽しむのは、いかがでしょうか?

浜名湖テラスは名前の通り、テラスもつながっているので、浜名湖の夜風にあたるのも気持ちいい。

インスタ映えする浜名湖テラスの入り口。『浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン』には、小さなチャペルもあるため、ウェディング会場としても人気です。週末は結婚式があり、浜名湖テラスがゲストの待合室に使われることもあるので、利用したい時は、事前のお問合せがおすすめです。

チャペル。昼間は浜名湖が一望できます。

『浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン』の朝食

朝食は「ポトフをメインとした洋食」。1,500円(税・サービス料10%別)。朝食のアリ、ナシは選ぶことができます。

『浜名湖オーベルジュキャトルセゾン』で非日常的なくつろぎタイム

人ごみの喧騒から離れ『浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン』で、浜名湖の湖畔の波のようにゆったりと静かに、ゆるやかな時間を過ごす。美味しいフランス料理と少しのお酒を嗜み、少し贅沢な時間を過ごしてみては、いかがでしょうか?

基本情報

施設名浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン/Les Quatre Saisons
住所静岡県湖西市横山317-93
営業時間■ チェックイン 16:00~ ■ チェックアウト 10:00 ※レストランやCAFE&BARは異なります。
定休日※公式HPの営業カレンダーをご確認ください。
駐車場
電話番号053-578-1000
公式HPhttp://auberge.l-qs.com/
目次
閉じる