浜松のクラフトビールならココ!浜松駅徒歩10分のブリューパブ『オクタゴンブリューイング』

浜松駅から徒歩で約10分、おしゃれな店内でフレッシュでおいしいビールと食事を楽しめる『オクタゴンブリューイング』。オリジナルのビール実飲レポート&ビールへのこだわりや、浜松への思いをを醸造責任者の千葉恭広さん・店員のみなさんに伺ってきました。

目次

オクタゴンブリューイングとは?

『オクタゴンブリューイング』とは、2018年にオープンした醸造所併設のブリューパブ。客席奥のガラス越しにある醸造所では、5つのタンクをフル稼働してビール造りが行われています。作っているのは、オクタゴンブリューイングで飲めるビールの他にも、別の醸造所の委託生産で造るビールや、ビールの生産を行ってみたい人のコンセプトに合わせたビールを一緒に開発したものなども含まれます。

客席はブルーグリーンを基調としていて、明るい照明やお花が飾られ、おしゃれな雰囲気。寒くなければ、入り口のドアも常時開放しているそうで、女性だけのグループやふらっと訪れた女性1人のお客様も多いとのこと。

どんなビールが飲めるの?

2020年11月29日現在のメニュー表。お店で作っているビール3種+国内外の選りすぐりのビールが楽しめます。

『オクタゴンブリューイング』では、お店で作っているビールの他、千葉さんやお店の方たちが本当においしい!と思っているオススメのビールを国内・海外から仕入れ、常時10種類のビールを入れ替えながら提供しています。お店には地元の人だけでなく、全国から訪れるビール好きも多いそうで、浜松でしか飲めないビールはもちろん、流行をおさえつつ定番もハズさない、いつ訪れても新鮮な気持ちになってもらえるようなラインナップを心掛けているとのこと。今回は、この日提供されていた、お店で作ったビール3種を飲み比べてみました!

旬のホップの香りが広がる!『I2KI FRESH HOP ALE』

お店オリジナルのグラスもかわいい。やや薄めのグラスで、風味を感じやすくしているそうです。

まずは、秋~冬限定で醸造されている、『I2KI FRESH HOP ALE』(I2KIと書いて、いぶきと読むそうです)。岩手県の遠野で収穫された、とれたてのホップを使って造られています。名前の通り、ホップの香りがとてもフレッシュ!雑味もなく、苦味も強すぎないので、初めてクラフトビールを飲む方にもオススメできそうです。個人的にはこの日飲んだ中で、1番タイプの味でした。

浜松産のみかんを使用した『JUICY FRUITS』

次に飲んだのは、浜松産の三ヶ日みかんを使った『JUICY FRUITS』。飲んでみると、みかんの香りとスッキリ感がビールを引き立てていてとても美味しい!香りにはとてもみかんを感じますが、いい意味でみかんの味がビールの邪魔をすることはなく、ビールの苦味がみかんの皮の味のように感じられて、とても爽やかでバランスのいい印象を受けました。お食事にもよく合いそうです◎

後味が華やかな『JASMINE ALE』

最後は、この少し濁った(ビール的には、HAZYと表現されます)色味が特徴的な『JASMINE ALE』。麦汁を作る際に、乾燥ジャスミンを一緒に煮出して香りをつけているんだそうです。ごくっと飲み干した後に鼻に抜ける香りが、ビールを飲んだ後とは思えないほどはっきりとしたジャスミンの香りで美味しい!先の2つよりキャラクターは若干濃いめですがとても飲みやすく、飲んでいて楽しかったです!

醸造長の語る、おいしいビール造りへのこだわり

特別に、醸造所エリアに入れていただきました!靴カバーをして、雑菌が入らないよう注意を払います。

ドイツのミュンヘンでビール造りを学び、現在はオクタゴンブリューイングで醸造を行う千葉さん。タンク1つ300リットル×5つ分の発酵状態の管理などを行っていらっしゃいます。ビールは酵母菌の働きで作られるので、雑味の原因となる雑菌が入らないように特に気を付けているそうで、毎日、午前中などの醸造所に入る前は、チーズやヨーグルト、キムチなどの発酵食品は食べないようにしているという徹底ぶり。今後は現在のような全国の醸造所とのコラボレーションの他、お客さんとのオリジナルビールも作ってみたいとのことでした。千葉さんに会えるチャンスが多いのは、オープン直後の早めの時間。お店にきたら、ぜひ話しかけて!とのことです。

浜松に賑わいを取り戻すために。コミュニケーションの起点となるお店を目指して

『オクタゴンブリューイング』は、もともと海外ではどんな田舎町でもおいしいビールが飲めるお店があれば、そこに人々が集い、賑わいが生まれている様子を目の当たりにした体験から生まれた場所。お店の方々はみなさん、「オクタゴンブリューイングを起点に、浜松に賑わいを創り出したい」という強い思いでお店を運営されています。

その思いを実現させるために、先に紹介した『JUICY FRUITS』のような浜松産の材料を積極的に取り入れたビールをつくって地元の人に届けたり、過去には浜名湖の環境をより良くするためのプロジェクトに参加、間引きされて行き場をなくした熟す前のみかんの果汁をたっぷり使ったお酒を開発したり、浜松で行われるイベントには積極的に参加をしたりするなど、浜松への思いを感じられる取り組みをたくさんされているようでした。

実際、お店に訪れた人同士で交流が生まれビール談義に花を咲かせたり、お店をきっかけとしたコミュニティが形成されたりするなど、オクタゴンブリューイングのビールがどんどん浜松の人たちにとって身近なクラフトビールになりつつあるようです。

浜松を訪れたら、ぜひ立ち寄りたい場所『オクタゴンブリューイング』

おしゃれな店内、おいしいクラフトビール、人々との繋がり。『オクタゴンブリューイング』は、浜松を愛する人々による、新しい賑わいの起点として私たちを迎えてくれます。浜松を訪れる際は、ぜひ立ち寄ってみてください!

基本情報

店舗名Octagon Brewing オクタゴンブリューイング
住所静岡県浜松市中区田町315-25
営業時間金・土・日 18:00~23:00(2020年11月29日現在、時短営業中)
定休日状況により変更の可能性あり。SNSをチェックしてご来店下さい。
駐車場なし
電話番号053-401-2007
参考HPhttp://octagonbrewing.com/#6
公式Instagramhttps://www.instagram.com/octagonbrewing/
目次
閉じる