今だけ!『ラボラトリー』が提供する期間限定「天然生いくら丼」

静岡県浜松市中区にある『ラボラトリー』は、汁なしまぜそば部門で静岡県1位にもなったことがある有名店。その『ラボラトリー』が提供するこの時期だけのこだわりぬいた「天然生いくら丼」をご紹介します。

目次

『ラボラトリー』の汁なし担々麺

ラボタン白

『ラボラトリー』といったら、まずはこの「ラボタン(汁なし担々麺)」シリーズ。辛さと痺れレベルを選べるラボタン。

『究極のラーメン2020静岡県版』の「汁なし・まぜそば部門」で、堂々の第1位を獲得。

コアなファンも多い。定番ラボタン以外にも不定期で期間限定の麺料理も登場し、出るたびに新作を食べにくるファンも多い。「地場の食材を余すことなく使いきりたい。」というオーナーの強い想いから、期間限定の麺料理では、地元の漁港で水揚げされた鯛や鯵などのアラを使った天然出汁のラーメンが登場することもあります。

二ラボタン

そんな『ラボラトリー』のもう1つのこだわりが海鮮丼!

ラボタンにごはんと鶏出汁がついてくる雑炊セットも人気ですが、ラボタンと海鮮丼をセットで注文される女性の方も多いんだとか。

使用する素材は、オーナー自ら、毎朝浜松中央卸売市場へ出向き、その時にとれた最高の魚を仕入れ、その魚にあった調味料を配合したり、一工夫加えておいしさを追求した海鮮丼。しかも買う魚のほとんどは「天然物」というこだわりようです。

海鮮丼は、1杯200円~高くても2,000円。店内のメニュー看板は、麺類を注文した場合の海鮮丼の価格です。海鮮丼のみの単品注文は、別途追加料金が発生します。

『ラボラトリー』で大人気「天然生いくら丼」

今回ご紹介するのが『ラボラトリー』の海鮮丼の中でも大人気の「天然生いくら丼」。8月末~11月中旬頃のいい筋子を仕入れられた時だけに食べれる「天然生いくら丼」は、ファンも多く、シーズンがはじまるとコレを目当てに何度も足を運ぶ方も多いんだとか。

また浜松の飲食店で、冷凍ではなく「生」のイクラを食べれるお店は、数少ないです。
※生のイクラですが、アニサキスなどの寄生虫予防対策の下処理はしています。

赤くキラキラ光るイクラの粒は、まるで宝石みたいです。特に 「天然生いくら丼」 のシーズンはじめの2~3週間は、運がよければ、イクラの膜が薄く、ふわっとした食感のイクラに出会えるかもしれません。

ふわっとした柔らかくてジューシーなイクラは、筋子を仕入れて、店内で調理して初めてわかるので、「どうしても食べたい。」という方は、『ラボラトリー』のInstagramをフォローして、ストーリーをチェックすると、その日のイクラの状態を知ることができます。

しかもオーナーは、お米にもこだわっており、気候や仕入れ状況にあわせて、いくつかのお米をブレンドして、海鮮丼に合う最高の白ご飯を提供。取材日は、運よく浜松産の新米コシヒカリ100%でした。しかも精米したばかりの柔らかくて、水々しいごはん。白飯だけでもパクパク食べれそうです。

その白いご飯の上に、たっぷりとかけられたイクラはとても艶やかで、見た目にもおいしい一皿です。

いくら特盛サイズ

しかもこの日は、本わさびをつけていただきました。

※本わさびは、仕入れによりある時とない時があります。

擦り立ての本わさびは、ツンとした辛さが少なく、さわやかな風味でイクラを引き立ててくれます。

生筋子(粒同士筋状に繋がっている状態が筋子で、解された状態がイクラと呼ばれています)の状態や気候によって微妙に調合を変える漬けダレは、甘さがあり、ごはんにもよく染み込み、上品でとってもおいしいです。イクラは、口に含んだだけで、中身の汁が口いっぱいにひろがり、いままで食べたイクラはイクラじゃなっかったのでは?というほど、甘さがあります。

『ラボラトリー』のファンの方々が、この 「天然生いくら丼」をリピートしたくなる気持ちがよくわかりました。

プライベートで、また食べに来たいですね。

『ラボラトリー』 の名前の由来

オーナーの今村哲郎さん

異業種から3年前に「食を通じて浜松地域の発展に貢献したい」と 『ラボラトリー』 をはじめた今村さん。 『ラボラトリー』 の名前は、おいしい食を研究したい、実験するように色んなことにチャレンジしたいという想いで名づけられたそうです。

「ラボタン」シリーズについてくるミニチンゲンは、浜松の京丸園さんのチンゲン。きのこや、お米にも浜松産が使われることも。もちろん海鮮丼の魚も、地元の舞阪漁港や福出漁港で水揚げされた魚が使用されることも多いです。浜松は海も山も川もあり、食材の宝庫。浜松で採れた食材と、今村さんがこだわって仕入れた食材がラボラトリーでおいしく融合されています。

『ラボラトリー』では、「食の楽しさ」を発信したいと語る今村さん。今後の『ラボラトリー』の食の実験でどんなメニューが出てくるのか楽しみです!

『ラボラトリー』 の基本情報

店舗名 ラボラトリー
住所静岡県浜松市中区板屋町102-1
営業時間11:00~15:00 ※売り切れ次第終了
夜(会員制) 17:00~21:00は休業中
毎週水金土17:00~19:00は夜メニューテイクアウト営業中
定休日日曜日
駐車場お店前にコインパーキングがあります。
電話番号053-458-3058
公式Instagramhttps://www.instagram.com/laboratoryhamamatsu/
公式LINEhttps://timeline.line.me/user/_dXGzzdgZJ0XXymKKQrhSRJkwgrSz_zVkcn7k_Ag

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる