浜松市天竜区のほっとできる隠れ家『こみちカフェ』

 浜松市の中心部から少し車を走らせたところにある、天竜区。区域の大部分が森林を占め、山や川に囲まれたのどかな街です。そんな自然豊かな場所に、2013年にオープンした『こみちカフェ』。毎月変わるランチメニューや、思わず写真を撮りたくなってしまうようなスイーツが人気で、地元の方を中心に人々の憩いの場所となっています。そんな素敵なお店を作り上げた店長の慶徳友美さんに、お店に対する想いについてお話を伺ってきました。

目次

心の中で密かに思っていたこと

 『こみちカフェ』は、慶徳さんとそのお母さんで営まれているお店です。19歳から10年間、飲食店で働いていたという慶徳さん。結婚・出産を機に一旦休職し、それから10年間は保育園の給食を作る調理員として働いていました。将来的にはお店を開きたいと心のどこかで思い描いていた慶徳さん。その夢はぼんやりとしたものでしたが、一つの物件との出会いにより変わっていきました。

 最初の1年間は住居として使っていましたが、「ここでお店ができるかも」と思うようになったという慶徳さん。家族をはじめ、たくさんの人々の応援もあり、お店を開くことを決意。構想から半年、準備を始めてから約1年半で、オープンに至りました。

人々が集う、ほっとする空間

 元々は教会として使われていたこちらの物件。教会として使われていた時と同じく「様々な世代の人が、気兼ねなく入れる場所」をコンセプトとして掲げ、お店作りを進められました。

 店内に配置されている家具や雑貨は、すべて慶徳さんがセレクトしたもの。センスの良さが滲み出ています。

 店内では、アクセサリーなどの販売もされています。女性がワクワクしてしまうような、かわいい雑貨がたくさんありました。商品はその時々で異なるので、「これは!」というものに出会ってしまったときは、迷わず購入されることをお勧めします。

 おしゃれなだけではなく、ふんだんに使われている木材が癒しを提供し、ついつい長居してしまった!という方も多いそうです。お気に入りの席を見つけて、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

写真映えも抜群!かわいいスイーツセット

 慶徳さんに人気メニューについてお伺いすると、「スイーツセット」という答えが返ってきました。最近では女性だけではなく、男性も頼まれることが多く、老若男女問わず愛されているメニューです。早速、スイーツセットを注文しました。スイーツセット(税別1050円)は、本日のスイーツ 2つ、シャーベット(バニラ・カシス) 2つ、お好きな飲み物 1つという構成となっています。

 この日のスイーツは、シフォンケーキとバスクチーズケーキでした。濃厚なチーズケーキに、さっぱりしたシャーベット。口の中に運ぶたびに思わず笑みが溢れてしまう、夢のようなプレートでした。

 飲み物は、ほうじ茶ミルクを選択しました。ブレンドコーヒーや紅茶などの定番メニューから、ゆず茶やチャイなどの個性派まで、気になる飲み物がたくさんで迷ってしまいました。ほうじ茶ミルクは優しい味わいが魅力で、ゆったりとしたい時のお供にぴったりな一品でした。

毎月メニューが変わる。個性的なランチ

 『こみちカフェ』では、ランチも提供しています。ランチの時間になると、地元の人を中心にたくさんの人がお店に訪れます。ランチメニューは3種類で、こみちプレート、こみちパスタ、こみちピザから選択します。オープン当初から、常に新たなメニュー開発に挑戦されており、同じメニューは二度と食べられないのだそうです。このように毎月変わるメニューを楽しみにされている方が多く、「月に最低3回は来て、全種類制覇していく人もいますよ」と話されていました。

 個性的なメニューが多いということも『こみちカフェ』の特徴で、今までで一番反響が多かったものを尋ねると、「桃パスタ」との回答が。これはどういうもの何だろうと思考を巡らせていると、「ニンニクと桃がベースとなっていて…」と笑顔で話す慶徳さん。それは美味しいですか?と思わず素直に出てしまった問いに、「リピーターも多く、人気の商品でした」と答えてくださいました。こういった個性的なメニューは、慶徳さんの閃きで作られることが多いのだそう。定番メニューでも、こみちらしいエッセンスをどこかに加えることを大切にされています。SNSやブログなどでもメニューが公開されていますので、気になるものがあったときは、是非訪れてみてください。

長く愛されるお店に

 最後に、慶徳さんに今後の『こみちカフェ』についてお聞きしたところ、「長くお店を続けていきたい」とおっしゃっていました。『こみちカフェ』では、客席数や配置などを工夫し、お客様一人一人が安心してゆったりとした時間を過ごすことができるように心掛けています。「お腹にいた子が生まれたり、子どもが大きくなっていく姿を見ることが幸せ」とおっしゃっていた慶徳さん。お店を通して、そのお客さんの人生に携われることが嬉しいのだそうです。現在は新型コロナウィルス対策により、未就園のお子さまのご入店はご遠慮いただいています。「コロナがおさまったら、また元気な姿で会いたいです」と話されていました。

 自然の中で、ひっそりと静かに佇む『こみちカフェ』。来年の2月には、8周年を迎えます。お腹が空いた時はもちろん、誰かと話したい時、一人でゆっくりしたい時などに訪れてみてはいかがでしょうか。

基本情報

店名こみちカフェ
住所静岡県浜松市天竜区山東4326
営業時間11:00〜16:00
定休日日曜日、月曜日
駐車場
電話番号053-545-3335
公式HPhttps://komichicafe.hamazo.tv/
公式Instagramhttps://www.instagram.com/komichi__tennsyu/?hl=ja

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる