浜名湖の冬の風物詩カモメと遊ぼう!『浜名湖遊覧船カモメ』ふれあい体験

浜名湖には11月になるとカモメが飛来します。
冬の間、浜名湖遊覧船に乗船するとそのカモメたちが船のまわりを飛び交いすぐ近くまでやってくるんです!
カモメとふれあえる『浜名湖遊覧船』に乗ってきたのでご紹介します。

目次

富士山も見えるかも?!♡ 舘山寺周遊30分コースでクルージング

『浜名湖遊覧船』には舘山寺エリアを周遊する30分コースがあります。
湖上から浜名湖の景色が楽しめるクルージング!

舘山寺周遊コースの乗り場はかんざんじ港とフラワーパーク港の2か所。

かんざんじ港・フラワーパーク港を出発し、温泉街を湖上から眺めながらロープウェイの下を遊覧。

30分の周遊コースでは東名高速道路の赤い橋がかかるあたりまで向かいます。
この赤い橋がかかるところまでいくと、快晴の日には富士山が見えるそう!!

船の上から浜名湖の景色を存分に楽しめる『浜名湖遊覧船』ですが、楽しみは景色だけではありません♡

カモメがすぐ目の前に!カモメと遊べるふれあい体験♡

今回、ご紹介したいのはカモメと遊べるふれあい体験!
冬の間だけのお楽しみです♡

遊覧船のなかにもカモメさんがいました。

乗船したらまずは遊覧船の2階席へ!
遊覧船が動き出すと、すぐにカモメたちが船のまわりを飛び交いはじめます。

カモメさんの大好物を用意しておくと、カモメたちがたくさん集まってきます。
大好物は、みんな大好きな「やめられないとまらない~」のあのお菓子♡
遊覧船の乗り場で販売されています。

遊覧船のまわりにどんどん集まってくるカモメたち。
カモメの表情までわかるぐらい、目の前までやってきます!
よく見ると、とーっても可愛い顔をしているんです♡

カモメたちは船の速度に合わせて飛んでいるそうで、目の前で止まっているように見えるから不思議。

カモメさんの大好物を持って待っていると、手からそのまま食べてくれたり、投げると空中でキャッチしたり。
カモメたちとたくさんふれあい、遊ぶことができます!

このカモメのふれあい体験ができるのは11月~3月までの冬の時期。
毎日運航している舘山寺周遊30分コースに乗船するだけで楽しめちゃいます。

予約不要なので思い立ったら今すぐにでも♡

「浜名湖遊覧船 みっかび瀬戸港」がリニューアルOPEN

『浜名湖遊覧船』の港は三ケ日にもあります。
みっかび瀬戸港がリニューアルオープン!コンテナ風の建物に展望台もあり奥浜名湖の景色が広がります。

舘山寺と三ケ日を繋ぐ瀬戸航路は片道30分。
サイクリングとクルージングを合わせて楽しむ方におすすめです。

瀬戸航路はこちらの双胴船ハイビスカスで運航されています。

2021年1月には、瀬戸港の湖畔にオートキャンプ場もオープン予定です。
こちらも楽しみ!

また、年末年始の特別企画として2020年12月31日~2021年1月11日まで夕景を眺めるサンセットクルーズ(予約不要)
元旦のご来光を湖上で祝う特別便、初日の出クルーズ2021(予約制)も運航されるそうです。


浜名湖のアクティビティがつまった『浜名湖遊覧船」は、いかがでしたでしょうか?
カモメが遊覧船のすぐ近くを飛び交う浜名湖の冬の風物詩、カモメふれあいクルーズぜひ体験してみてくださいね。

基本情報

施設名浜名湖遊覧船
住所静岡県浜松市西区舘山寺町2226-1
営業時間9:00~17:00
定休日無休
駐車場フラワーパーク港1回200円 / みっかび瀬戸港
電話番号かんざんじ港053-487-0228 / フラワーパーク港053-487-1036 / みっかび瀬戸港053-526-7066
公式HPhttps://www.hamanako-yuransen.com/
料金舘山寺周遊30分コース(カモメ体験) おとな1,000円 / こども500円
目次
閉じる