浜松・弁天島『浜菜坊』の産地直送「生しらす丼」

静岡県浜松市西区にある人気観光地「弁天島」の近くで、舞阪漁港で獲れる鮮度抜群の魚介を使った料理を提供している『浜菜坊』。春~秋が旬の「生しらす丼」をご紹介します。

目次

『浜菜坊』の「生しらす丼」

浜菜坊の目の前

『浜菜坊』のお店の目の前には、浜名湖の水路があり、ボードが碇泊できる環境です。弁天島から出ている遊覧船に乗って「浜菜坊」まで来る観光の方もいます。

『浜菜坊』は、お1人様から宴会などの大人数まで対応しているため、観光客や地元の人からも愛されるお店です。

そんな『浜菜坊』の名物が、今回ご紹介する「生しらす丼」です。浜名湖周辺で、「釜揚げしらす」を食べれるお店はたくさんありますが、鮮度が必要となる「生」のしらす丼が食べられるお店は貴重です。『浜菜坊』は、シラスの水揚げをしている舞阪漁港からも近く、鮮度高い生しらすが手に入る他、漁ができないときも特殊な保存で、年間通して鮮度のいい「生しらす丼」が食べられるよう工夫されています。

つややかな生のしらすの上に、きざみネギとうずらの卵がついています。
「生しらす丼」 1,250円

「生しらす丼」は、1,250円。+300円で、しらすを増量することもできます。

生しらす丼には、醤油と一味唐辛子がついてきて、味のアクセントを調整することができます。

新鮮な生しらすは、味が濃くておいしいです。浜名湖に来た感じがしますね。

他にも、生しらすのかき揚げ丼などもあります。

冬季限定 『浜菜坊』の「牡蠣カバ丼」

「生しらす丼」の他に、『浜名坊』では、冬季限定の「牡蠣カバ丼」も人気です。「牡蠣カバ丼」とは、新鮮な浜名湖の牡蠣に鰻のタレを絡めて作った浜名湖だけの名物です。冬の間、身がしっかりとした粒の大きい牡蠣が獲れた時だけ提供される「牡蠣カバ丼」は、身がぷりぷりで一度食べたら病みつきになるおいしさです。冬の間でも牡蠣が獲れないと提供されない日もあるため、どうしても「牡蠣カバ丼」が食べたい人は、事前にお店に確認することをおすすめします。

「牡蠣カバ丼定食」 1,900円

その他にも衣がサクサクの牡蠣フライも人気です。

少しずつ色んなものが食べれる「浜菜坊風松花堂弁当」。

天ぷらや、うなぎなど、浜名湖らしい和定食を堪能いただけます。魚介類は、とにかく新鮮で、何を食べてもおいしいです。

『浜菜坊』で浜名湖の幸づくし

『浜菜坊』なら、浜名湖のうなぎ、車エビ、しらすまで、一通りの名物を注文することができます。週末や大型連休中の昼間は、特に混雑するため、時間に余裕をもった来店がおすすめです。『浜菜坊』で、浜名湖の幸を堪能してみてはいかがでしょうか?

『浜菜坊』の基本情報

店舗名浜菜坊 
住所静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3101
営業時間【昼の部】11:30~14:00
【夜の部】17:00~20:30(最終入店20時)
(お待ちのお客様が多い場合
お時間より早く受け付けを終了する場合がございます。)
定休日火曜日・第2水曜日
駐車場お店前、第2駐車場 20台程度(無料)
公共交通機関JR東海道本線「弁天島駅」より徒歩9分
電話番号053-592-1676
公式HPhttp://www.hamanabo.co.jp/
公式facebook浜菜坊 – ホーム – 浜松市 – メニュー、価格、レストランレビュー | Facebook

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる