何度も食べたくなるふわふわのかき氷『沖縄cafe 果報(カフー)』

静岡県浜松市西区にある『沖縄cafe 果報(カフー)』は、独自製法の氷を使った「かき氷」が人気のお店。ガソリンスタンドの一画からはじまったカフェも約1年半前にガソリンスタンドをやめて、全面カフェスペースにリニューアル。「果報(カフー)」とは、沖縄では「幸せを呼ぶ」という意味。サーフィン沖縄好きのオーナーの思いのつまったお店に、沖縄の風を感じに行ってきました。

目次

『沖縄cafe 果報(カフー)』のかき氷

常に季節限定のかき氷が数種類あるけれど、定番人気の紅ほっぺ(いちご)のかき氷が、11月はないため、こちらの『紅いもぜんざい』990円(税込み)をオーダー。

独自製法でつくられた氷はふわふわで、口の中でとろけてしまう。上には練乳ホイップがかかっている。食べすすめると、氷の中から団子や大納言もでてくる。団子はモチモチしていて紅芋とよくあいます。

沖縄ぜんざい825円(税込み)は、お店の看板メニュー。こちらもお団子付き。黒糖の蜜が濃厚で、甘いけれど、しつこくなくさっぱり食べれる一品。

メニューはレジ横と、店内に限定かき氷メニューのボードがある。来店前に知りたい人はお店のSNSをチェックしてみてください。

生いちご

生いちご990円+練乳110円(税込み)

かき氷だけじゃない『沖縄cafe 果報(カフー)』の食事メニュー

冬のメニューとしては、ソーキそばと餃子(5個)のセット1,000円(税込み)も人気。お出汁の効いたスープとやわらかいソーキがたまらない。

餃子はダンディ餃子、マダム餃子、ニラ男ディ餃子の3種類から選ぶことができる。お店のオススメはニンニクたっぷりの「ダンディ餃子」。餃子は増やすこともできる。

セルフサービス

沖縄Cafe 果報は、セルフサービス。注文が終わったら、席で待ち、レシートに書かれた番号を呼ばれたらとりにいくスタイル。食事とかき氷を注文した場合、食事が終了したことを伝えると、かき氷を準備してくれる。食べ終わったら、食器は返却口へ戻します。

※2021年4月からは、非接触型のセルフレジを導入が導入されました。

注文はセルフレジ

沖縄の風を感じる『沖縄cafe 果報(カフー)』

店内は広々しており、沖縄のかわいい置物やサーフボードなども置いてある。お店オリジナル商品や沖縄のお菓子なども販売されていて、沖縄感に溢れている。

また屋外にも広々としたイートインスペースがあり、冬場は少し寒いけれど、外で食べることもできる。

お店の周りの壁は、沖縄をモチーフにしたかわいいペイントがあり、沖縄の雰囲気を楽しめることができる。

駐車スペース

バイクスタンドがあるため、自転車の方は、お店横に駐輪することができる。車の方は、お店の前にも停めることはできるけれど、台数が少ないので、お店から少し舘山寺方面(北)へ走ったところにある駐車場スペースへ。

浜名湖周辺でイッペーマーサン『沖縄cafe 果報(カフー)』

「ストアーやまあき」から始まり、「日本石油」から「ENEOS」へ、「ENEOS」の一画のカフェから『沖縄cafe 果報』へ。歴史を経て、浜名湖周辺で「沖縄」を楽しむことができるとは!夏場はかなり混雑しているけれど、時間帯をずらせば、少しゆとりがあるので、のんびり沖縄気分を味わってみてはいかがでしょうか?

沖縄cafe果報(カフー) 古橋オーナー

基本情報

店舗名沖縄cafe 果報 (カフー)
住所静岡県浜松市西区古人見町1089 
営業時間オフシーズン 11:30~16:00(L.O)
レギュラーシーズン 10:00~17:00(L.O)
※コロナの影響で営業時間に変動があります。
お店の公式facebookInstagramに毎日時間をアップしているので、そちらをご確認ください。
定休日火曜日 ※仕入れのため、不定期の休みがあります。
駐車場
電話番号 053-485-1830
公式HP http://www.okinawacafe-kafu.com/
※現在メンテナンス中。2020年12月中に公開予定
公式facebookhttps://www.facebook.com/okinawacafekafu
公式Instagramhttps://www.instagram.com/okinawacafekafu/
目次
閉じる